世界の製薬業界の最新ニュースと解説

【1分でわかる世界の製薬ニュース】Celgene、Impact Biomedcinesを最大70億ドルで買収 ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月8日】

Celgene、Impact Biomedcinesを最大70億ドルで買収

Celgene社、11億ドルの現金前払いを含む、潜在的に最大70億ドルの条件で、Impact Biomedcinesを買収する契約を締結した。この商談によりCelgene社は、骨髄線維症および網状赤血球増加症を治療するために開発されているJAK2阻害剤 fedratinibの開発と販売の権利を得る。fedratinibが骨髄線維症および他の適応症の承認を得た場合、Impact Biomedcinesの株主は最大14億ドルの追加での支払いを受けることができる。
さらに、同医薬品のグローバルでの年間売上高が50億ドルを上回る場合、更に支払いが45億ドルに達する可能性がある条件で。

Novo Nordisk、Ablynxに買収提案

Novo Nordisk社が、Ablynxを1株あたり28ユーロ、約26億ユーロの買収価格を提案した。しかし、Ablynxの取締役会は、今回の買収提案は「根本的に過小評価」だとしている。最高経営責任者(CEO)であるEdwin Moses氏は、更に提案に対して「今後の議論の基礎とはならない」と付け加えた。

Axowant Sciences、Intepirdineの開発を終了

Axowant Sciencesは、中傷度のレビー小体型認知症を対象とした臨床試験において主要な有効性エンドポイントを達成しなかった事を受けて、Intepirdineの開発を終了すると発表。 CEOのDavid Hung氏は、 「現在までのデータを全体的に評価した場合、5-HT6受容体アンタゴニストIntepirdineの開発継続を支持するエビデンスはない」

Shire、希少疾患部門とCNS部門に分割

Shireは、同社の今後の戦略レビューをした結果、事業を2つの部門、CNSおよび希少疾患に分割すると発表した。最高経営責任者(CEO)のFlemming Ormskov氏は、「当社の新しく設立される希少疾患およびCNS部門は、成長性、収益性、革新性、そして患者のニーズに対応するため最善の位置に立っている」と語った。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

Celgene reached an agreement to acquire Impact Biomedcines under a deal potentially worth up to $7 billion, including an upfront cash payment of $1.1 billion. The transaction witll give Celgene rights to the investigational JAK2 inhibitor fedratinib, which is being developed to treat myelofibrosis and plycythaemia vera. Inder the deal, Impact Biomedcines’ shareholders are eligible for additional payments of up to $1.4 billion if fedratinib gains approvals in myelofibrosis and other indications. In addition, further payments could reach as much as $4.5 billion if global annual sales of the therapy raise above $5 billion.
Novo Nordisk proposed to buy Ablynx for €28 per share, for a total deal value of around €2.6 billion. However, Ablynx’s board concluded that the offer “fundamentally undervalues” the company, with CEO Edwin Moses adding the current bid “does not constitute a basis for further discussions.”
Axovant Sciences will end development of intepirdine after the drug failed to meet the main efficacy endpoint of a mid-stage study in patients with dementia with Lewy bodies. CEO David Hung said “ Based on the totality of data to date there is no evidence to support further development of the 5-HT6 receptor antagonist.”
.
Shire will separate its operations into two divisions, namely neuroscience and rare diseases, following the first stage of a strategic review. CEO Flemming Ormskov said “our new rare disease and neuroscience divisions will be well positioned for growth, profitability, innovation and serving the needs of patients.”

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!