世界の製薬業界の最新ニュースと解説

【1分でわかる世界の製薬ニュース】ファイザーCNS系の開発プログラム中止へ、武田TiGenexを買収 ほか

【1分でわかる世界の製薬ニュース:2018年1月7日】

ファイザー、複数のCNS系の開発プログラムを中止へ

ファイザーが、アルツハイマー病およびパーキンソン病を含む中枢神経系の早期段階の開発プログラムを中止する予定と発表した。同社は、このことで、米国において300名の雇用が失われることになるとする一方で、同社の強い領域へ資金を投入するとしている。

武田、TiGenexを707億円で買収

武田薬品工業社は、TiGenex社を1株当たり1.78ユーロ、または約5億2千万ユーロ(約707億円)で買収すると発表した。TiGenex社は、武田社の完全子会社となる。この買収でTiGenex社が研究開発をしている実験的幹細胞療法Cx601の完全な権利を武田社は取得する。 今買収に関して、TiGenexの取締役会の全会一致の支持を得ているとしている。

武田、Denaliとライセンス契約締結

武田薬品工業社は、Denali therapeutics社と神経変性疾患の治療薬候補を開発するためのライセンス契約を発表した。武田社は、Denali社に対して1億5000万ドルのアップフロントペイメント、特定のマイルストーンに対して7億750万ドルを支払う契約である。Denali社は、ATV:BACE1/TauとATV:TREM2を含む3つのプログラムをすすめている。

Accorda、売却先を検討

Accorda社が潜在的な売却先を模索していることが明らかになった。同社は昨年から投資家から売却に関して強い圧力があった。この情報によると、売却に関する議論はいまだ早い段階にあると指摘し、Accorda社は売却を進めないオプションを選択することが出来るとしている。

Kala、ドライアイ開発品の臨床結果発表

Kala pharmaceuticals社は、ドライアイの治療のための同社の開発品KPI-121の2つの後期の臨床データを発表した。この結果は評価の判断が分かれるものであった。同社のCEO、Mark Iwicki氏は、「現在までに実施された3つの試験の結果とデータの全体像をさらに分析し、FDAと臨床結果について相談をする予定である」と述べた。

【オリジナルの英文記事はこちらから】

Pfizer will end early development programs focused on neuroscience including those in Alzheimer’s disease and Parkinson’s disease. The company noted that a decision will lead to the loss of 300 jobs in the US with funds being redirected to those areas where we have strong scientific leadership.

Takeda plans to purchase partner TiGenex for €1.78 per share or around €520 million, gaining full rights to the experimental stem cell therapy Cx601. The deal which will see TiGenex become a wholly owned subsidiary of Takeda, has the unanimous support of the TiGenex Board of directors.

Takeda also agreed to pay $150 million upfront under a deal with Denali therapeutics to develop therapeutic product candidates for neurodegenerative diseases under the agreement. Takeda will pay up to $707.5 million linked to certain milestones if it exercises options for all three programs, which include ATV:BACE1/Tau and ATV:TREM2.

Sources suggested that Accorda therapeutics is exploring a potential sale as the company having come under investor pressure last year. The people noted the discussions are at an early stage, while the drugmaker could elect to not move forward with a formal auction.

Kala pharmaceuticals reported mixed data from two late stage studies of the experimental drug KPI-121 for the treatment of patients with dry
eye disease. CEO Mark Iwicki said “we will continue to analyze the results and the totality of the data from all three trials conducted to date and expect to discuss our clinical program with the FDA.

To read these and other stories in full, visit:
www.firstwordpharma.com

世界の「製薬業界の今」が1分でわかる「無料メルマガ」!

世界の製薬業界の今を把握できるメルマガ「一分でわかる製薬トップニュース」をご活用下さい。

■ 海外トップニュースを日本語で
■ 毎日無料配信
■ 製薬業界の今が1分でわかる!