腸内細菌科細菌感染症に対する抗生物質の投与がより短期間の投与がより有効であるとの研究結果の報告

腸内細菌科細菌感染症に対しての抗生物質の投与期間としては1週間から2週間が薦められているが、この度の調査では、短期間(6−10日間)と長期間(11-16日間)での治療効果を比較した。
結果として、短期間の投与期間であっても長期間と比較しても同様の治療効果が認められ、耐性菌の出現から患者を守る効果があると同調査では結論をしている。

Comparing the Outcomes of Adults With Enterobacteriaceae Bacteremia Receiving Short-Course Versus Prolonged-Course Antibiotic Therapy in a Multicenter, Propensity Score–Matched Cohort

関連記事

  1. Alkermes社、FDAとの情報交換の後、一転ALKS5461承認申請FDAが受理

  2. コロナ陰性で復帰の千代丸 元気“一敗”4日ぶり雄姿ファンに届けるも…珍しく無言

  3. 新型コロナ対策が政府不信を招いた理由

  4. サノフィ社、フランス工場に1億7000万ユーロを投じ、インフルエンザワクチンVaxigrip Tetraの生産を増強

  5. ブロックチェーンで臨床試験を効率化「デジタルで持続可能な医療を実現」サスメド・上野太郎社長|ベンチャー巡訪記

  6. ハーバード大学育ちの網膜変性疾患遺伝子治療をBiogenが開発する

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26