Regeneron社、生物医学先端研究開発局(BARDA)との新たな2つのコラボレーションを発表。新たな抗体の開発でエボラ出血熱、インフルエンザ、その他の緊急を要する病原体に対しての治療薬の開発を進める

Regeneron社、生物医学先端研究開発局(BARDA)との新たな2つのコラボレーションを発表しました。生物医学先端研究開発局(BARDA)は米国保健福祉省( HHS)の一部で感染症の治療の開発を支援しています。

一つ目のコラボレーションは、公衆衛生にとって非常にリスクが高い10の病原菌をターゲットとした新規抗体の発見、開発、製造を目標としています。まずはインフルエザンザウイルスを対象とします。

二つ目のコラボレーションでは、以前の合意した内容に基づき、同社のエボラ出血熱の開発と製造を進めるというものです。現在、第一相臨床試験 を完了した同社の開発品はFDAからオーファンドラッグの指定を受けています。

またこれら2つの研究開発においてはRegeneron社のVelociSuite技術を活用します。

REGENERON ANNOUNCES NEW COLLABORATIONS WITH HHS TO DEVELOP ANTIBODIES AGAINST EBOLA, INFLUENZA AND MULTIPLE OTHER EMERGING PATHOGENS

関連記事

  1. ABC輸送体阻害下痢薬フィダキソマイシンで白血病の化学療法拒絶を打ち破れる

  2. COVID-19様症状解消から40日過ぎた人の血液からその原因ウイルスが検出された

  3. 肺癌患者への腫瘍抑制因子TUSC2治療のPh1/2施設をGenprex社が募り始めた

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13