Verastem社の血液腫瘍むけのduvelisibが第三相臨床試験で主要評価項目を達成。株価も高騰

Verastem社が 9月6日に 、血液腫瘍であるCLLおよびSLL向けに進めていた同社の開発品duvelisib の第三層臨床試験の発表をしました。この発表によると無増悪生存期間(PFS)を含む主要評価項目を達成したとしております。また、同社はこの結果を受けて2018年中のFDAへの承認申請を行う予定であることも発表しました。

この発表を受けて、同社の株価は50%上昇と高騰しました。

関連記事

  1. 一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年11月25日

  2. Regeneron社が米国の大学と組んで点鼻のCOVID-19予防遺伝子治療を開発する

  3. 政府が基本方針を発表 命を守るため「この1~2週間が瀬戸際」今、私たちができることとは?徹底解説

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13