希少疾患向けの炎症性治療薬が循環器系疾患リスクと肺癌の死亡率の軽減に効果!?

先週はCNS系のニュースが賑やかに報道された週でした。
今週の注目領域はどこに、、、なんてリリースを探っていると
珍しい情報がありました。

ノバルティス社が発表した第三相CANTOS治験の結果です。
治験対象薬カナキヌマブは、抗IL-1β抗体でイラリスとして
日本でも承認されている炎症性疾患治療薬です。

今回は循環器系疾患のリスク軽減をしらべるために、
1万人以上に実施した第三相の試験。

循環器系の疾患リスクの軽減の結果よりも驚いたのが、
肺癌の発生率と死亡率の軽減にも効果があったということです。

炎症性疾患治療薬としてすでに販売されている医薬品が、
循環器系疾患リスクを下げ、
肺癌にも効果があるということですが、おそらくすごく珍しいのではないでしょうか??

ノバルティス社、抗IL-1β抗体のカナキヌマブが、循環器系疾患のリスク軽減に加え、肺癌の死亡率も下げる効果を第三相CANTOS治験の結果として発表

ノバルティス社は循環器系の学会ESCで、この結果を発表。
同日、循環器系のニュース、オンコロジー関連のニュースと2つのリリースを発表しています。。。

Novartis announces analysis published in The Lancet showing ACZ885 reduced lung cancer mortality by 77% in the CANTOS study with further studies planned

Novartis Phase III CANTOS study demonstrates that targeting inflammation with ACZ885 reduces cardiovascular risk

前田

リリースを見れば製薬業界がわかります。

世界のオンコロジーのリリースをななめよみ。Insights4オンコロジーはこちら>>>

関連記事

  1. 今日の注目のリリース:Endo社、オピオイド系鎮痛剤OPANA ERの販売を中止すると発表

  2. 【今日のひとこと】かぜ1: 時速換算してみた。

  3. トランプ米大統領のおかげで改めてリーダーの判断、考え方の重要性を再認識

  4. 欧米のKOLのオピニオンを御社の研究開発に活用しませんか?

  5. 見えなくても大事な「道」があること

  6. オピニオンリーダーから効率よく情報を得るには?

メルマガ無料配信中




  1. BridgeBio社のモリブデン補因子欠損症(MoCD)A型治療薬を米国FDAが…

    2021.02.27

  2. 一般的な冷凍庫温度でのPfizerのCOVID-19ワクチン保管をFDAが許可~…

    2021.02.27

  3. Merck & Coが米国にCOVID-19薬MK-7110を今年前半に納入する見…

    2021.02.27

  4. Sarepta社の筋ジストロフィー薬Amondys 45をFDAが取り急ぎ承認

    2021.02.27

  5. 重症喘息にAmgen/AstraZenecaのtezepelumabが有効だったPh3結果学会…

    2021.02.27

  6. J&JのCOVID-19ワクチンの取り急ぎの認可をFDA招集専門家が推奨

    2021.02.27

  7. 気持ちや社交に携わる脳領域のオピオイド受容体は日長な春に最も多…

    2021.02.26

  8. 外来COVID-19患者へのRegeneron社の抗体一対のPh3で入院や死亡の減…

    2021.02.26

  9. 超音波による血液脳関門開放をアルツハイマー病患者に安全に実行で…

    2021.02.26

  10. 大粒のHDLコレステロールは心臓発作を生じ易くする~増やすなら小粒…

    2021.02.26

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16