世界の製薬業界の最新ニュースと解説

希少疾患向けの炎症性治療薬が循環器系疾患リスクと肺癌の死亡率の軽減に効果!?

先週はCNS系のニュースが賑やかに報道された週でした。
今週の注目領域はどこに、、、なんてリリースを探っていると
珍しい情報がありました。

ノバルティス社が発表した第三相CANTOS治験の結果です。
治験対象薬カナキヌマブは、抗IL-1β抗体でイラリスとして
日本でも承認されている炎症性疾患治療薬です。

今回は循環器系疾患のリスク軽減をしらべるために、
1万人以上に実施した第三相の試験。

循環器系の疾患リスクの軽減の結果よりも驚いたのが、
肺癌の発生率と死亡率の軽減にも効果があったということです。

炎症性疾患治療薬としてすでに販売されている医薬品が、
循環器系疾患リスクを下げ、
肺癌にも効果があるということですが、おそらくすごく珍しいのではないでしょうか??

ノバルティス社、抗IL-1β抗体のカナキヌマブが、循環器系疾患のリスク軽減に加え、肺癌の死亡率も下げる効果を第三相CANTOS治験の結果として発表

ノバルティス社は循環器系の学会ESCで、この結果を発表。
同日、循環器系のニュース、オンコロジー関連のニュースと2つのリリースを発表しています。。。

Novartis announces analysis published in The Lancet showing ACZ885 reduced lung cancer mortality by 77% in the CANTOS study with further studies planned

Novartis Phase III CANTOS study demonstrates that targeting inflammation with ACZ885 reduces cardiovascular risk

前田

リリースを見れば製薬業界がわかります。

世界のオンコロジーのリリースをななめよみ。Insights4オンコロジーはこちら>>>