ノバルティス社、抗IL-1β抗体のカナキヌマブが、循環器系疾患のリスク軽減に加え、肺癌の死亡率も下げる効果を第三相CANTOS治験の結果として発表

ノバルティス社が、8月27日(日)に第三相CANTOS治験の結果をESCで発表しました。この治験結果によると、循環器系疾患のリスク軽減に加え肺癌の死亡率も下げるという結果が出されています。
カナキヌマブは、抗IL-1β抗体でブランド名イラリスとして日本でも希少疾患対象に承認されている炎症性疾患治療薬です。

今回の第三相CANTOS試験では、希少な遺伝性の自己免疫疾患に効果があるカナキヌマブが、心筋梗塞を発症した患者に対して循環器系の疾患リスクを下げる効果を期待して行われた臨床試験で、10061人を対象に実施された臨床試験です。

ノバルティス社の発表によるとカナキヌマブ(開発コードACZ885)の3ヶ月に一回の投与で主要な心疾患イベント(MACE)のリスクを15%引き下げる結果が得られた発表しました。

同社はこの結果に加えてこの抗IL-1β抗体カナキヌマブの投与が肺癌の発生率や死亡率の低下にも効果があることが示されたと発表されました。炎症性疾患に対する治療薬が癌に対しても効果があるという臨床結果は極めて異例です。

ノバルティス社は癌のデータをカナキヌマブの効果としてパッケージ化するかどうかなどは当局と更に相談をすると述べています。一方で、今回の臨床試験では副作用や感染症に対するリスクも引き続き指摘されております。

関連記事

  1. ウイルス感染に即応する臨戦状態の免疫遺伝子が上皮/内皮/線維芽細胞に備わる

  2. シャープ、マスクの生産開始 3月下旬出荷へ 1日50万枚の生産目指す

  3. 南アフリカで見つかった新型コロナウイルス変種は備わった免疫をかわしうる

  4. 米国務長官、中国を再批判 新型コロナ対応巡り

  5. LEO社の抗IL-13抗体tralokinumabのアトピー性皮膚炎Ph3試験3つ全て成功|BioToday

  6. 神戸市・西宮市・姫路市などで新たに14人感染…兵庫県の感染者は557人に

メルマガ無料配信中




  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. どの新型コロナウイルス変異株も阻止するAbCellera社の抗体の試験を…

    2021.05.06

  3. 変異株B.1.351感染蔓延の南アでのNovavax社COVID-19蛋白質ワクチン…

    2021.05.06

  4. Aldeyra社の活性アルデヒド種阻害点眼剤のアレルギー性結膜炎Ph3試…

    2021.05.05

  5. アルポート症候群腎疾患を治療するReata社のNrf2活性化剤の承認申請…

    2021.05.05

  6. コレステロール似の物質コレステノンがピロリ菌の増殖を阻害すると…

    2021.05.05

  7. VerilyのデジタルツールでLivaNova社の大うつ病神経刺激治療を評価…

    2021.05.05

  8. COVID-19 mRNAワクチンの顔麻痺は他ワクチンより生じ易くはなさそう

    2021.05.05

  9. 武田薬品の非小細胞肺癌治療薬mobocertinibの承認申請を米国FDAが優…

    2021.05.05

  10. RocheのTecentriqの難ありの乳癌用途の承認維持をFDA招集専門家が支持

    2021.05.05

  1. Vaczine Analytics社の新型コロナウイルスワクチンレポートの更新版…

    2021.05.06

  2. 「データ活用の有無がチームの営業力を左右する」顧客の解像度を高…

    2021.04.28

  3. ボイジャー社株価が18%上昇。ハンチントン病の遺伝子治療薬VY-HTT0…

    2021.04.27

  4. AACR発表:肝細胞癌患者における抗PD-1抗体セミプリマブによるネオ…

    2021.04.26

  5. ヤンセン社、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者を対象とした第3相ACIS…

    2021.04.26