ノバルティス社、多発性硬化症の大規模臨床試験のデータ収集に世界で初めてスマホを利用すると発表

ノバルティス社の発表によると、世界初となるスマホを用いた多発性硬化症対象の大規模臨床試験を検討しているとのことです。

現在開始を予定している多発性硬化症対象の臨床試験のデータ収集に、スマホのIoT機能、「elevateMS」スマホ用アプリを活用するとのことです。このスマホに搭載されているIoT機能センサーでは、身体の動きや症状のデータを継続的に入手、かつ患者が病菌などの施設を訪問する必要を最小限に抑えながらデータを蓄積することが出来ます。

同社によると、このスマホを用いた臨床試験において、患者が日常において多発性硬化症の症状がどのような影響をおよぼしているのがリアルタイムデータとして収集することが可能で、潜在的に治療効果の測定のための新たな指標を探し出すことが出来る可能性があるとしています。

このスマホを活用した臨床試験は、Sage Bionetworks社の協力を得ており、ます。Sage Bionetworks社が2015年に開発したスマホアプリ「elevateMS」をインストールしたスマホを患者が携帯することでデータを収集、蓄積します。

関連記事

  1. 第一三共/AstraZenecaのHER2+乳癌治療薬Enhertuを米国FDAが早々と承認|BioToday

  2. 布マスクを全世帯に配布へ

  3. 感染を防ぐ仕切り板 新型コロナ拡大で市役所窓口に設置

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13