世界の製薬業界の最新ニュースと解説

Intra-Cellular社、統合失調症治療薬の上市計画発表で株価33%の上昇

Intra-Cellular社が、2018年の半ばにも同社の統合性失調症治療薬として開発をすすめているlumateperoneをFDAに承認申請をする予定であることがわかりました。これは、8月23日(水)に、同社のプレスリリースを通じ発表されました。

FDAからのレビュー後に非臨床データを含むいくつかの追加資料が求められました が、同社は同治療薬の申請へ向けてプランを開示致しました。この発表を経て、Intra-Cellular Therapiess社のCEOであるSharon Matesは、「FDAとの打ち合わせは非常に建設的なものであった。私達は今後のlumateperoneの計画に関して非常に強い自信をもっていす」と述べています。

この発表を受けて、市場でも期待感から多く株価が買われ、ナスダック市場で、発表当日の23日には一時33%の上昇しました。