GSK社 320人の人員削減計画とセファロスポリン系抗生物質事業の売却検討を発表

グラクソ・スミスクライン(GSK)社は19日、イギリス・ワージングの製造施設の業務を一部外部委託することにともない、今後4年間で320人の人員を削減する計画であることを発表しました。またセファロスポリン系抗生物質事業に関する戦略的な選択肢として、同事業と系列の製造施設の売却を検討中であることも明らかにしました。

関連記事

  1. アムジェン社Amjevitaをアッヴィ社ヒュミラのバイオ後続品としてFDAが承認

  2. グローバル・ブラッド・セラピューティクス社、鎌状赤血球症第1/2相試験でポジティブなデータ

  3. 米陪審 テバ社に高血圧症治療薬の特許侵害でGSK社に対し2億3,500万ドルの支払い命令

  4. FDA エンドー社のオピオイド系鎮痛剤「オパナER」の回収を要請

  5. 抗うつ剤のほとんどが10代の若者や子供には効果がないという研究結果が報告

  6. Shanghai Pharmaceutical社が、Stada社買収に興味が有ることを明らかにしました。【タイトル速報】

メルマガ無料配信中




  1. 尿路感染症大腸菌に狙いを定めたLocus社のバクテリオファージのPh1b…

    2021.02.26

  2. ModernaがCOVID-19ワクチンの今年の売上をPfizerの上を行く184億ド…

    2021.02.26

  3. COVID-19入院患者へのGSKの抗GM-CSF抗体のPh2失敗

    2021.02.26

  4. 臨床試験に進む特発性肺線維症薬をInsilico社が決定~合成化合物は…

    2021.02.25

  5. 環状RNAによる治療を開発するOrna社が1億ドル超を手に船出

    2021.02.25

  6. J&JのCOVID-19ワクチンを米国FDAが有効で安全と判断~早ければ…

    2021.02.25

  7. 腫瘍に限って効くIL-2や抗CTLA4抗体の開発資金9500万ドルをXilio社…

    2021.02.25

  8. 数多の治療を経た骨髄腫の7割にBMS/bluebird bioのCAR-Tが効いたPh2…

    2021.02.25

  9. Karuna社の脳のムスカリン受容体活性化剤がPh2試験で統合失調症に有効

    2021.02.25

  10. 重篤な脳感染症へのNeoImmuneTech社の長持ちなIL-7薬の治験開始を米…

    2021.02.25

  1. 【ホワイトペーパー】予定の収益が期待できない成熟した医薬品ポー…

    2021.02.24

  2. 癌免疫治療薬の市場規模、2023年には801億1000万米ドルに到達見込み…

    2021.02.19

  3. 2020年 国内承認取得数ランキング…トップは11承認の小野薬品、新規…

    2021.02.15

  4. 【ホワイトペーパー】開発初期段階における開発品の価値を最大化し…

    2020.12.16