革新的な治療方法は多発性骨髄腫の治療をどのように変えるのか。世界のKOLはどう考える?

はじめに

最近の多発性骨髄腫の治療は大きな変化と向上を遂げております。まず現状の治療オプションをみるとセルジーン社のRevlimid、武田社のVelcade、そして様々な併用療法のオプションなど非常に治療効果をあげております。
市場は、更に恒常的な治療効果と高い安全性を市場は求めております。

豊富な後期開発品ラインナップ

開発段階後期の開発品も豊富で、サノフィ社のisatuximab、アッヴィ/ロシュ社のvenetoclax、Karyopharm Therapeutics社のselinexorなども期待を集めています。
では開発品も含めて多発性骨髄腫の治療市場、治療オプションに関してKOLはどのような意見をもっているのでしょうか?

  • 現状の治療に関してのKOLの意見、評価と課題は?
  • 今後承認されるであろう新薬で最も支持をえる治療薬はなんで、それに対する期待はどのようなものでしょうか?
  • 併用療法に関してはどのようにKOLは活用したいと考えているのでしょうか?

このレポートでは米国から6名、欧州から6名の計12名のKOLにインタビューをFirstWordがしております。現在の5つの治療薬、そして8つの開発品は、多発性骨髄腫の治療アルゴリズムの中で様々なポイントを狙っています。多発性骨髄腫の治療市場の変化をKOLはどのようにみているのか率直な意見をまとめたレポートで多くの示唆を与えます。

[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/wp-content/uploads/2017/07/Myeloma-KOL-Insight-2017-Sample-Pages.pdf” layout=”expanded” color=”blue” border_radius=”20″]資料をダウンロード[/vcex_button]
[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/product/multiple-myeloma-kol-insight” layout=”expanded” color=”green” border_radius=”20″]ご注文はこちらから[/vcex_button]

KOLに投げかけた質問とは?

KOLと様々なポイントに関してインタビューをしていますが、その中でも以下のような関心の高い内容にに関して本レポートではKOLに直接意見を求めています。

  • Amgen社のKyprolisは武田/J&J社のVelcadeとPIの選択肢として置き換わることができるのか?
  • 多発性骨髄腫の治療薬としてのFarydakは、どうなるのか?
  • PharmaMar/Chugai社のAplidinが治療薬として活用された場合、どのようにKOLは使うのか?
  • 抗PD-1阻害剤の多発性骨髄腫への利用、KOLはどう考えているのか?
  • CheckMate 602試験へのKOLの評価は?
  • Sanofi社のisatuximabとJ&J社のDarzalexとの比較は?
  • Array BioPharma社のfilanesibは治療効果を示すことができるのか?
  • AbbVie/Roche社のvenetoclaxの対象となる患者セグメントは?狭く?広く?
  • KOLはKaryopharm社のselinexorを現時点でどう評価するのか?

インタビューにご協力頂いたKOL

  • Prof. Guido Tricot, MD, PhD. Director of Holden Cancer Centre’s Bone Marrow Transplant and Myeloma Program and Clinical professor, University of Iowa, IA, USA.
  • Prof. C. Ola Landgren, MD, PhD. Hematologic Oncologist, Chief and Professor of Medicine, Memorial Sloan Kettering Cancer Centre, New York, USA.
  • Prof. Irene Ghobrial, MD. Clinical Professor of Internal Medicine, Dana Farber Cancer Institute, Boston, USA.
  • Prof. Kenneth Anderson, MD. Kraft Family Professor of Medicine, Dana-Farber Cancer Institute, Harvard Medical School and Brigham and Women’s Hospital, Boston, USA.
  • Prof. Carol Ann Huff, MD. Associate Professor of Oncology and Medicine, Johns Hopkins University School of Medicine and Medical Director for the Johns Hopkins Kimmel Cancer Centre in Baltimore. USA.
  • Dr. Robert Schlossman, MD. Assistant Professor of Medicine, Dana-Farber / Harvard Cancer Institute, Harvard Medical School, Boston, USA.
  • Dr Alberto Rocci, MD. Consultant haematologist, Manchester Royal Infirmary, Manchester, UK.
  • Dr. Charalampia Kyriakou, MD, PhD. Haematology consultant. Royal Free London NHS Foundation Trust and The North West London Hospitals NHS Trust, Northwick Park Hospital, UK.
  • Dr. Nicolas Blin, MD. Consultant, Department of Hematology. Nantes University Hospital, France.
  • Dr. Felicetto Ferrara, MD. Medical specialist in Hematology and Chief of the Hospital, Division of Hematology, Cardarelli Hospital, Napoli, Italy.
  • Anonymous German KOL, Dr. med., Head of Hematology, Research Group leader, Head of Quality Management. University Hospital Nurenberg-Erlangen, Germany.
  • Anonymous German KOL, Dr. med., Professor of medicine, Head of Oncology and Hematology department, Academic Teaching Hospital Mainz, Germany.

カバーする開発品

  • Marketed Therapies
    • Dazarlex (daratumumab; Genmab/Janssen Biotech)
    • Empliciti (elotuzumab; AbbVie/BMS)
    • Farydak (panobinostat; Novartis)
    • Kyprolis (carfilzomib; (Onyx (Amgen))
    • Ninlaro (ixazomib; Takeda)
  • Pipeline Therapies
    • Encorafenib (Array BioPharma)
    • Filanesib (Array Biopharma)
    • Isatuximab (Sanofi)
    • Nivolumab (Opdivo; Bristol-Myers Squibb)
    • Pembrolizumab (Keytruda; Merck & Co.)
    • Plitidepsin (Aplidin; PharmaMar/Chugai (Roche))
    • Selinexor (Karyopharm Therapeutics)
    • Venetoclax (AbbVie/Roche)

レポートの概要

英文タイトル:Multiple Myeloma: KOL Insight [2017]

関連記事

  1. 田辺三菱製薬社 イスラエルの NeuroDerm社を11億ドルで買収へ

  2. 「必ず復帰します!」コロナ感染のファイターズOB片岡篤史さん病床から”予防呼びかけ”「十分注意を」

  3. 「手術できなくなる…」京大病院医師が吐露 ガウン不足、入室制限で懸命の節約

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13