製薬業界の最新ニュースと解説

妊娠後期にジカウイルスに感染した妊婦からの新生児の奇形発生はゼロとの論文が発表

ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディシン(NEJM)に、妊娠28週目以降の妊娠後期にジカウイルスに感染した妊婦から生まれた新生児の奇形発生率はゼロであったという論文が掲載されました。
論文によれば、ジカウイルスに感染した妊婦1,850人について出産までの追跡調査を行った結果分かったということです。