製薬業界の最新ニュースと解説

WHO、黄熱病ワクチン不足に備え、 ワクチン摂取量を通常の1/5にすべきと見解を示す

WHOの予防接種に関する専門家グループは、黄熱病ワクチン不足に備えるため、今後は1回のワクチン摂取量を通常の1/5にすべきであるという見解を示しました。
同グループの報道担当者は「通常摂取量の1/5で最低12ヶ月間免疫が持続することが分かっている」と述べています。