【解説】NEJMは、肺癌の一次治療に対するOpdivoのCheckMate-026試験の結果に対する疑問に答えを出し切ることが出来たのか?

A newly published editorial sought to solve the biggest mystery – financially speaking, anyway – in biopharma: why Opdivo (nivolumab) failed a Phase III trial in front-line non-small-cell lung cancer (NSCLC) while Keytruda (pembrolizumab) succeeded in a very similar study. However, the conclusion left something to be desired.

この情報はFirstWord Plus会員限定記事です

[vcex_button url=”https://www.firstwordpharma.com/node/1482642″ align=”center” size=”large” color=”green” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]FirstWord Plusの会員の方はこちらから>>>[/vcex_button]

関連記事

  1. ギリアド社 抗HIV薬bictegravirの第2相試験の好結果発表

  2. 抗肥満薬 エーザイのBELVIQ、心血管アウトカム試験のインパクトは?|DRG海外レポート

  3. COVID-19対応の誤りにより保健福祉省長官の交替を米大統領が検討/WSJ等報道

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13