製薬業界の最新ニュースと解説

医師の処方動向への影響は、金額ではなく医師との接触時間の長さである。米国医師会のJAMA Internal Medicineが発表

米国医師会の内科医学雑誌JAMA Internal Medicineに掲載された論文によると、少額であっても製薬会社から飲食接待を受けた医師は、低価格な代替薬よりもブランド医薬品を処方する傾向にあることが分かりました。

同論文の執筆者の1人であるDeJong氏は「医師の処方動向に影響を及ぼすのは、飲食接待にかかった金額ではなく、MRと医師の接触時間の長さだということが分かった」と結論づけています。