世界の製薬業界の最新ニュースと解説

FDA 遺伝性血管浮腫発作時の皮下注射薬としてC1エステラーゼ阻害剤を初承認

FDAは遺伝性血管浮腫発作時の皮下注射薬として米CSLベーリング社のC1エステラーゼ阻害剤Haegardaを初承認しました。
FDAはHaegardaについて皮下注剤形であるため患者が自宅で投与できるようになる、とコメントしています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。