製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年6月22日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • prior heart attack:心筋梗塞の既往症
  • therapeutic paradigm:治療パラダイム
  • hypertension:高血圧症

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

ノバルティス社は心筋梗塞の既往症を有する患者、およびアテローム性動脈硬化症の患者に対するcanakinumabの第3相試験において、心血管イベントリスクが減少したことを発表しました。
ノバルティス社によると炎症を標的とした治療薬が心血管イベントリスクを低下させたのは初めてで、多くのアナリスからもcanakinumabは同領域の治療パラダイムを変更する可能性のある画期的な薬であるとの声があがっています。

FDAのゴットリーブ長官は、ジェネリック薬の市場参入迅速化のためのアクションプランを遂行中であることを明らかにしました。
ゴットリーブ長官は現在のルールはジェネリック薬の市場参入を遅らせ、競争を低下させるために存在しているかのようだと述べました。

米陪審はテバ社がGSK社の高血圧症治療薬Coregの特許を侵害したとして、2億3,500万ドルをGSK社に支払うよう命じる評決を下しました。
米陪審によると、テバ社がCoregのジェネリック版に慢性心疾患治療薬との表示をつけて販売したことは、故意の特許侵害であると認定されるということです。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up