製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年6月19日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • fallopian tube:卵管
  • primary peritoneal cancer:原発性腹膜がん
  • largest shareholder:最大株主

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

Clovis Oncology社はプラチナ抵抗性難治性卵巣がん・卵管がん・原発性腹膜がんに対するPARP阻害剤Rubracaの第3相試験において主要評価項目を達成したと発表しました。
同試験において、Rubracaを投与した患者の無増悪生存期間の平均値は10.8ヶ月、一方のプラセボ群は5.4ヶ月となりました。

シアトル・ジェネティクス社はvadastuximab talirineの急性骨髄性白血病第3相試験を中止すると発表しました。
同社によると、vadastuximab talirineを投与した患者の死亡者数が対照薬より多かったためだということです。

バリアント社は10人目の社外取締役としてヘッジファンドのPaulson & Co.社社長のJohn Paulson氏を任命したと発表しました。
Paulson & Co.社はバリアント社の最大株主で、約5.9%のバリアント社株を保有しています。

欧州委員会(EC)がノバルティス社Rixathonをロシュ社MabTheraのバイオシミラーとして承認しました。
承認された適応症は非ホジキンリンパ腫(HNL)、慢性リンパ性白血病(CLL)、関節リウマチなどを含むMabTheraが承認されている全適応症と同じです。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up