一分でわかる製薬「時事英語」・2017年5月24日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • squamous cell carcinoma:扁平上皮がん
  • preliminary clinical study:予備臨床試験
  • immune response:免疫反応

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

CEL-SCI社はFDAが発令していた頭頸部扁平上皮がん治療薬Multikineの第2相試験の一部差し止め命令がいまだに解除されていないことを明らかにしました。
FDAによると、CEL-SCI社は問題の一つを解決していないばかりか、新たな問題も発見されているということです。

Inovio Pharmaceuticals社はHIVワクチンPENNVAX-GPの予備臨床試験において90%を超える免疫反応率が示されたと発表しました。
CEOのKim氏は「今回得た結果は現存するHIVワクチンの中では最高レベルの免疫反応率である。開発の次の段階に駒を進めることが楽しみだ」と述べました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

[vcex_button url=”https://www.youtube.com/watch?v=CDFiTV7cnuE” align=”center” size=”large” color=”blue” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]Youtubeチャンネルで読む[/vcex_button]
[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/membership-join/membership-registration-2″ align=”center” size=”large” color=”green” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]一分でわかる製薬ニュース[/vcex_button]

関連記事

  1. シンガポールも“1万人超”に 外国人作業員が集団感染

  2. NovartisがAstraZenecaに倣って2030年までに炭素排出を無くす

  3. PfizerがCOVID-19ワクチンの標準的な冷凍庫での保管の認可をFDAに申請

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13