製薬業界の最新ニュースと解説

ノバルティス社Rydapt AML患者に対する抗がん剤との併用療法がFDAより承認

ノバルティス社はRydaptがFLT3遺伝子変異を有する急性骨髄性白血病(AML)患者に対する抗がん剤との併用療法として、FDAより承認されたと発表しました。
同社広報担当者によるとRydaptは来週発売予定で、1回14日分の卸売価格は7,495ドル、1回28日分は14,990ドルになるということです。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す