製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月27日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • plunge:急落する
  • exceed:超える

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

アストラゼネカ社のQ1決算は後発薬参入に対して苦戦中の抗コレステロール血症治療薬「クレストール」の売上高が前年同期比45%減の6億3,100万ドルと急落し、総売上高は前年同期比12%減の54億ドルとなりました。
ソリオCEOは「この結果は特許満了の影響を反映しているが、今年後半にはこの影響はなくなるものと見込んでいる」とコメントしました。

ロシュ社のQ1決算は、売上高がアナリスト予想の127億スイスフランを上回る前年同期比4%増の129億スイスフランとなりました。
医薬品の売上高は前年同期比4%増の102億スイスフランとなり、売上好調なTecnetriqとPerjetaが牽引しました。

ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社のQ1決算は、売上高がアナリスト予想の48億ドルを上回る前年同期比12%増の49億ドルとなりました。
製品別では「オプジーボ」の売上高が前年同期比60%増の11億ドル、また抗凝固剤「エリキュース」は前年同期比50%増の11億ドルとなっています。

アッヴィ社のQ1決算は、「ヒュミラ」の売上高が前年同期比15.1%増の41億ドルとなり、総売上高は前年同期比10.1%増の65億ドルとなりました。
また利益は前年同期の14億ドルから17億ドルに増加しており、ゴンザレスCEOはこの結果は同社の利益予想を超える好結果であったとコメントしています。

バイエル社のQ1決算は、処方せん薬の売上高が主力製品の好調な売れ行きに後押しされ、前年同期比9.6%増の43億ユーロとなりました。
なかでもXareltoの売上高は前年同期比21.7%増の7億5,100万ユーロと好調で、アナリストは先週明らかになったXareltoの米市場での低迷から見ると、この結果は予想以上であると評しています。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up