製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月24日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • objective response rate (ORR):客観的奏功率
  • ulcerative colitis:潰瘍性結腸炎

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

イーライリリー社は閉経後の進行乳がんに対するCDK4/6阻害剤abemaciclibの第3相MONARCH3試験で主要評価項目達成したと発表しました。
本試験においてabemaciclibは無増悪生存期間(PFS)を有意に延長し、また客観的奏功率(ORR)の改善も示しました。

EMA本部の移転先決定に関して19の製薬会社が共同で要望書を提出しています。
これらの製薬会社は6月に予定されている次のEU理事会において、速やかにEMA本部の移転先を決定して欲しいとしています。

サムスン・バイオエピス社はバイオシミラー版「レミケード」のRENFLEXISが、潰瘍性結腸炎や関節リウマチなど「レミケード」の全ての適応症においてFDAより承認されたと発表しました。
米国で承認されたバイオシミラー版「レミケード」第2号となったRENFLEXISの米国での販売は米メルク社が行うことになっています。

UCB社のQ1決算は関節リウマチ治療薬Cimzia、またてんかん治療薬のVimpatやKeppra、Briviactなどの主力製品の売上が好調で、総売上高は前年同期比15%増の11億ユーロとなりました。
UCB社CEOのTeller氏は「今年の滑り出しは好調。総売上高の76%を占める主力製品の勢いを今後も保っていきたい」とコメントしました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up