製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月21日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • authorized generic:オーソライズドジェネリック(AG)
  • therapeutically equivalent:治療学的同等性

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

テバ社が喘息治療薬AirDuo RespiClick(285ドル)とそのオーソライズドジェネリック版(90ドル)を米国で同時発売しました。
テバ社はAirDuo RespiClickはグラクソ・スミスクライン(GSK)社のぜん息治療薬Advairと有効成分が同等であるとしていますが、GSK社側は「テバ社のこれら2製品はAdvairと治療学的同等性や代用性は全くない」と反論しています。

バリアント社は先ごろFDAに承認された乾癬治療薬Siliqの価格を月額3,500ドルに設定したと発表しました。
バリアント社によればこの価格は、アメリカ市場で一番安い乾癬治療のための生物学的製剤注射薬だということです。

EMAの諮問委員会であるCHMPは米XBiotech社の大腸がん治療薬Xilonixの承認不支持を採択したと発表しました。
XBiotech社CEOのSimard氏はこの結果に対し「落胆している」とコメント、また同社の株価は最大30%の下落を喫しました。

イギリスのVernalis社は風邪・咳止め薬CCP-07の承認申請に対して、FDAより完全回答書簡を受け取ったと発表しました。
Vernalis社によるとこの完全回答書簡の中でFDAは、同社が再び申請をする前にクリアにしなくてはならない事柄を明記しているということです。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up