製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月18日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • cisplatin chemotherapy:シスプラチンベースの化学療法
  • house dust mite:家ダニ
  • rescue medication:救急薬

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)社のQ1決算は、処方せん薬の売上高が前年同期比1%弱の微増で82億ドル、製品別では「レミケード」が6%減の17億ドル(アナリスト予想は9%減少)となりました。
通年売上予想に関しては、アクテリオン社の買収を好材料と見て、前回発表の予測を上方修正し754億ドルから761億ドルの間としています。

ロシュ社は抗PD-L1抗体Tecentriqがシスプラチンベースの化学療法が不適格な局所進行もしくは転移性膀胱がん患者に対する1次治療薬としてFDAより承認を取得したと発表しました。
Tecentriqはすでにプラチナ製剤を含む化学療法受療中あるいは受療後に悪化した膀胱がん治療薬としてFDAより承認されています。

Circassia Pharmaceuticals社は家ダニアレルギーに対する免疫療法の第2相試験が失敗に終わり、同プログラムの続行を断念したと発表しました。
同試験では治験薬とプラセボによるアレルギー症状軽減や救急薬使用機会の減少に差異がなかったということです。

ノバルティス社とアラガン社は非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)対するFXR作動薬とcenicrivirocの併用療法の開発を共同で行うことで提携したと発表しました。
この提携により両社は第2b相試験にて同併用療法の安全性、有効性、忍容性の評価を行います。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up