製薬業界の最新ニュースと解説

米カリフォルニア大学など CRISPR技術特許に関する米特許庁の審決に不服申し立て

米カリフォルニア大学らは、CRISPR技術の発明者をハーバード大学とマサチューセッツ工科大学(MIT)によるブロード研究所であるとした米国特許庁の審決に対して不服申し立てを行いました。
カリフォルニア大学は特許庁の審決は真核細胞におけるCRISPR遺伝子編集技術の真の発明者を特定していないとして、再審理を求めています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す