製薬業界の最新ニュースと解説

FDA  Neurocrine社の遅発性ジスキネジア治療薬Ingrezzaを承認

Neurocrine社はFDAがIngrezzaを成人の遅発性ジスキネジア治療薬として初承認したと発表しました。
同社はIngrezzaの薬価について明らかにしなかったものの、昨年の時点では年間2万から6万ドルに設定する見込みであるとしており、またアナリストは10億ドルの売上が期待できるとしています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す