製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月11日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • healthy volunteers:健康な被験者
  • attenuated:弱毒化した

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

英NICEはブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社の「オプジーボ」に関して、再発または転移性頭頸部扁平上皮がん治療薬としてNHSでの使用を推奨しないとするガイダンス案を発表しました。
NICEはこの理由を「オプジーボ」が患者の生存率を大きく改善したことは明らかであるが、薬価が高すぎるとしています。

Axovant Sciences社はMedivation社創業者であり元CEOを務めたHung氏を新CEOに任命すると発表しました。
Axovant社によると、現CEOのRamaswamy氏は同社取締役の職に留まり、また親会社であるRoivant Sciences社のCEOに就任するということです。

武田薬品工業社は消化器系疾患を対象とした腸内細菌由来の治療薬の研究開発でカナダのNuBiyota社と戦略的提携を締結したと発表しました。
武田社はNuBiyota社の有する腸内細菌に関する基盤技術を活用し、消化器系疾患を対象とした腸内細菌由来の経口治療薬の研究開発を行います。

オーストリアのThemis Bioscience社がジカ熱ワクチンの臨床試験を開始したと発表しました。被験者には健康な被験者48人も含まれているということです。
麻疹ワクチンをベースに開発された同ワクチンは、弱毒化ジカ熱ワクチンとして初めて臨床試験が実施されたワクチンです。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up