製薬業界の最新ニュースと解説

アラガン社 大うつ病性障害に対する「ボトックス」の第3相試験実施へ

アラガン社は「ボトックス」の大うつ病性障害に対する第2相試験での結果を踏まえ、第3相試験にコマを進める意向を明らかにしました。
アラガン社は第2相試験では主要評価項目は達成しなかったものの、低用量の「ボトックス」を投与した患者にうつ症状の改善が見られたことから、同薬剤が大うつ病性障害に作用していることがわかる結果を得られたとして、第3相試験の実施を決めたということです。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す