製薬業界の最新ニュースと解説

武田薬品工業社 デング熱ワクチンの第3相試験における被験者の組み入れ完了

武田薬品工業社はデング熱ワクチンTAK-003の第3相TIDES試験において20,100人の小児・若年被験者の組み入れ(昨年9月に開始)を完了したと発表しました。
武田薬品工業社はTIDES試験の最初の解析結果は2018年中に得られる予定だとしています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す