製薬業界の最新ニュースと解説

GSK社 喘息治療のための吸入器をアメリカでリコール、その数およそ60万個

グラクソ・スミスクライン(GSK)社は喘息治療のための吸入器Ventolinおよそ60万個をアメリカでリコールしたことを明らかにしました。
対象になったのはVentolin HFA 200D吸入器の3ロットで、本来より少量しか薬剤が放出されないという不具合の可能性があるということです。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す