製薬業界の最新ニュースと解説

ベーリンガーインゲルハイム社 2016年の処方せん薬の売上高が7.5%アップ

ベーリンガーインゲルハイム(BI)社が発表した2016年通年決算によると、処方せん薬の売上高は近年上市された製品の好調な売上がCOPD治療薬Spirivaの売上減を補ったため、 前年同期比7.5%増の120億ユーロとなりました。
また総売上高は前年同期比7.1%増の159億ユーロ、営業利益は27%回復し約29億ユーロとなりました。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す