一分でわかる製薬「時事英語」・2017年4月3日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • menopause-related vasomotor symptoms:更年期の血管運動症
  • voluntary recall:自主回収
  • patent interference proceeding:特許抵触審査

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社は進行期悪性黒色腫(メラノーマ)における「オプジーボ」と「ヤーボイ」の併用療法を評価するCheckMate-067試験で、全生存期間が延長したと発表しました。
一方「ヤーボイ」の単剤療法を受けた患者の全生存期間は、最低28カ月の追跡調査において20ヶ月に留まっています。

アステラス製薬社は3日、ベルギーの創薬ベンチャーで更年期の血管運動症状治療薬を開発中のオゲダ(Ogeda)社を最大8億ユーロで買収すると発表しました。
アステラス社は全株式を現金5億ユーロで取得し、同薬剤の開発段階に応じて追加で3億ユーロを支払う契約となっています。

マイラン社は自己注射薬「エピペン」の自主回収対象ロットの追加により、その対象地域が欧州、アジア、北米、南米に拡大したことを明らかにしました。
マイラン社は3月に豪州、ニュージーランド、欧州の一部、また日本で発売されていたロットに不具合が起きる可能性があるとして、81,000本の回収を発表していました。

バイオジェン社は多発性硬化症治療薬Tecfideraの特許権をめぐる特許抵触審査について、米特許商標局(PTO)特許審判部(PTAB)がバイオジェン社に有利な判断を下したことを明らかにしました。
このためバイオジェン社は2021年よりForward Pharma社に支払うことになっていた年間3億ドルのロイヤリティ支払い義務から解放されることになります。

米国連邦地方裁判所はAcorda社の多発性硬化症治療薬Ampyraに関わる4つの特許について無効の判決を言い渡しました。
判事は判決理由について同薬剤の特許が無効なのは明らかであると述べる一方で、製剤特許は認める判決をしています。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up

[vcex_button url=”https://www.youtube.com/channel/UC8F72N36Q_V9fNjY6iL0fqg” align=”center” size=”large” color=”blue” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]Youtubeチャンネルで読む[/vcex_button]
[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/membership-join/membership-registration-2″ align=”center” size=”large” color=”green” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]一分でわかる製薬ニュース[/vcex_button]

関連記事

  1. TLR9活性化阻止機能込みのAAVで免疫反応を封じて目当ての遺伝子発現を底上げ

  2. 一分でわかる海外製薬トップニュース・2016年12月9日

  3. 脂質・ジオレオイル-ホスファチジルグリセロールで角膜創傷治癒を促しうる

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. PfizerとModernaのmRNAワクチンはどちらもインド発見変異株に打ち勝…

    2021.05.17

  4. 鼻が悪い高齢者は肺炎で入院するリスクが高い

    2021.05.17

  5. 家籠もりより会社に行った方が安全~通院や通学もいつもどおりで大…

    2021.05.17

  6. Pfizerの売れ行き好調なアミロイド心筋症薬Tafamidisの公的医療使用…

    2021.05.17

  7. 乳癌手術患者へのMerckのKeytruda投与のPh3試験が無事生存目標達成

    2021.05.17

  8. 1回目と2回目のCOVID-19ワクチンが異なると有害事象がより発生

    2021.05.17

  9. AutolusのCD19標的CAR-Tで緩慢進行性リンパ腫患者9人全員が完全寛解

    2021.05.17

  10. 女性が自宅で採取した膣検体を使ってBD社のHPV検診をすることを欧州…

    2021.05.15

  1. EHA 2021 展望:6月開催のバーチャルEHA会議、Curis社、Celyad社、A…

    2021.05.17

  2. 重症喘息におけるtezepelumabの承認に向け、アムジェンとアストラゼ…

    2021.05.17

  3. 抗PD-1抗体の有害事象・甲状腺炎にメモリーCD4+T細胞が寄与している…

    2021.05.15

  4. エバサナ社、Humanigen社の新型コロナ治療対象の第3相試験での目標…

    2021.05.14

  5. Curis社の株価65%上昇。急性骨髄性白血病(AML)および骨髄異形成症…

    2021.05.13