製薬業界の最新ニュースと解説

BMS社 進行期メラノーマにおける併用療法が全生存期間を延長と発表

ブリストル・マイヤーズスクイブ(BMS)社は進行期悪性黒色腫(メラノーマ)における「オプジーボ」と「ヤーボイ」の併用療法を評価するCheckMate-067試験で、全生存期間が延長したと発表しました。
一方「ヤーボイ」の単剤療法を受けた患者の全生存期間は、最低28カ月の追跡調査において20ヶ月に留まっています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す