製薬業界の最新ニュースと解説

FDA ノバルティス社の小児・若年白血病患者に対するCART療法の承認申請を受理

ノバルティス社はB細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)を有する再発・難治性の小児および若年成人患者に対するキメラ高原受容体発現T細胞(CART)療法CTL019の承認申請がFDAに受理されたことを明らかにしました。
ノバルティス社がCART療法の承認申請をするのは今回が初めてで、今年中に欧州での承認申請も予定されています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

コメントを残す