世界の製薬業界の最新ニュースと解説

FDA Tesaro社Zejulaを再発上皮卵巣がん、卵管がんなどの維持療法に承認

FDAは再発上皮卵巣がん、卵管がん、あるいは原発性腹膜がんを有する成人患者でプラチナベースの化学療法後に腫瘍が完全または部分的に縮小(完全奏功または部分奏功)した患者の維持療法(がんの増殖を遅らせる目的)薬としてTesaro社のPARP阻害剤Zejulaを承認しました。
ZejulaはBRCA遺伝子変異に有無に関係なく投与できる初めてのPARP阻害剤となります。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。