世界の製薬業界の最新ニュースと解説

アストラゼネカ社「タグリッソ」 中国でNSCLC治療薬として承認取得

アストラゼネカ社は「タグリッソ」が局所進行/転移性EGFR T790M変異陽性非小細胞肺がん(NSCLC)成人患者に対する治療薬として中国当局から承認されたと発表しました。
同社CMOは、中国はEGFR変異を有する肺がん患者数が世界で最も多い国の一つであることから、今回の承認取得は大きな機会を意味するとコメントしています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。