世界の製薬業界の最新ニュースと解説

FDA ファイザー社/独メルク社の抗PD-L1抗体を転移性メルケル細胞がん治療薬として承認

ファイザー社と独メルク社は抗PD-L1抗体Bavencioが初のメルケル細胞がん治療薬としてFDAより承認されたと発表しました。
ファイザー社は2014年に独メルク社と複数のがんを適応としたBavencioの共同開発・販売において一時金8億5,000万ドルで提携を結んでいました。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。