世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年3月23日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • freeze recruitment:採用を凍結する
  • sciatica:坐骨神経
  • delayed-release formulation:遅延放出型製剤

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

テバ社は経費削減の一環として今後数年間で全世界の従業員11%にあたる約6,000人のリストラを計画しているとする報道を否定しました。
テバ社は採用凍結と収益性の低い事業の整理縮小計画を明らかにしましたが、イスラエルの新聞は同社はすでにイスラエルにておよそ100人を解雇したと伝えています。

医学雑誌のNEJMはファイザー社の疼痛治療薬「リリカ」が坐骨神経痛を伴う下肢痛にほとんど効き目がないとする研究結果を発表しました。
研究員のLin氏は「リリカ」は坐骨神経痛に対する効果がないばかりでなく、副作用のリスクがあると述べています。

米Akashi Therapeutics社はhalofuginoneの遅延放出型製剤HT-100のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)に対する臨床試験差し止めをFDAより解除されたと発表しました。
Akashi社は昨年HT-100の被験者が1人死亡したため、FDAより同製剤の臨床試験の差し止め命令を受けていました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up