製薬業界の最新ニュースと解説

BMJ Openが、60歳以上でLDLコレステロール値が高い人ほど、死亡率が低くなるという研究論文を掲載

イギリス医師会雑誌グループのオープンアクセスジャーナル(BMJ Open)が、60歳以上でLDLコレステロール値が高い人ほど、死亡率が低くなるという研究論文を掲載しました。
同論文の執筆者は、スタチン療法の効果が誇大評価されている今、60歳以上の年配者の心血管疾患やアテローム性動脈硬化防止のガイドラインの再評価がなされるべきであるとしています。