世界の製薬業界の最新ニュースと解説

アストラゼネカ社 SGLT-2阻害剤が2型糖尿病患者の入院リスクを減少

アストラゼネカ社は2型糖尿病患者に対するSGLT-2阻害剤「フォシーガ」の治療が、他の糖尿病治療薬による治療と比較して、入院リスクを39%減少したと発表しました。
心不全による入院また総死亡のリスクを評価したCVD-REAL試験によると、「フォシーガ」の治療で総死亡率が51%減少したことも明らかになりました。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。