世界の製薬業界の最新ニュースと解説

イーライリリー社 乳がん治療薬の第3相試験で主要評価項目達成

イーライリリー社はホルモン受容体陽性のHER2陰性進行性乳がんに対するCDK4/6阻害剤abemaciclibの第3相試験において、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)について有意な延長が認められたと発表しました。
イーライリリー社は同試験で好結果を得たことから、今年Q3にもFDAへの承認申請を行いたいとしています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。