世界の製薬業界の最新ニュースと解説

PTCセラピューティクス社 マラソン社のDMD治療薬を一時金1億4,000万ドルで取得へ

PTCセラピューティクス社はマラソン・ファーマシューティカルズ社のデュシェンヌ型筋ジストロフィー(DMD)治療薬Emflazaを一時金1億4,000万ドルで取得することで合意したと発表しました。
コルヒチコステロイドであるEmflazaは今年2月にDMD治療薬として米国で初めて承認されたものの、年間価格が89,000ドルと高額なため発売が遅れていました。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。