世界の製薬業界の最新ニュースと解説

非ステロイド系抗炎症剤で心不全リスク増加 医学情報誌発表

欧州のある医学情報誌の発表によると、非ステロイド系抗炎症剤による心不全発症リスクが31%増加することが分かりました。
この発表はデンマークで実施された研究に基づくもので、diclofenac服用の場合の心不全発症リスクは50%、またibuprofenの場合は31%増加するとしています。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。