独メルク社のQ4決算 ヘルスケア部門の売上微増に終わる

独メルク社のQ4決算は、抗がん剤Erbituxと多発性硬化症治療薬Rebifの売上減少が響き、ヘルスケア部門の売上は前年同期比1.7%微増の18億ユーロとなりました。
同社はErbituxの売上減少は欧州で競争が増したため、またRebifの売上減少は欧州での価格引き下げ政策が原因と説明しました。

[vcex_button url=”https://www.firstwordpharma.com/node/1455066?tsid=33″ align=”center” size=”large” color=”blue” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]続きを会員サイトで読む[/vcex_button]
[vcex_button url=”http://pharma.insights4.jp/reportsandservices/partnersandpanesl/firstword-pharma/firstword-plus” align=”center” size=”large” color=”green” icon_right=”fa fa-arrow-circle-o-right” border_radius=”15″]Insights4プレミアム資料請求[/vcex_button]

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。

関連記事

  1. 癌や自己免疫疾患を治療する抗体を開発する合弁会社をAlloyとPyxis社が設立

  2. 【UPDATE】バイオシミラー 最新の国内開発状況まとめ―新薬大手も続々参入

  3. ウイルス感染に即応する臨戦状態の免疫遺伝子が上皮/内皮/線維芽細胞に備わる

メルマガ無料配信中




エバサナ関連

  1. 重度横隔膜ヘルニア胎児の気道閉塞治療が無作為化試験で有効~中等…

    2021.06.14

  2. Vor社の造血幹細胞技術で誂えた血液癌治療CAR-TをAbound Bioが共同…

    2021.06.14

  3. メトホルミンはマウスのSARS-CoV-2感染に伴う肺炎症を抑制する

    2021.06.14

  4. ビタミンD欠乏だとオピオイド依存になりやすく、紫外線がより恋しく…

    2021.06.14

  5. COVID-19 mRNAワクチン接種後の心筋炎/心膜炎が30歳以下の226人に発…

    2021.06.14

  6. 心房細動/人工心臓弁患者の術後のワーファリン中断中の低分子ヘパリ…

    2021.06.14

  7. ラッサウイルスワクチンの感染予防効果がサルへの接種1年後にも維持…

    2021.06.14

  8. プラセボ対照Ph3でSanofiの補体経路C1s阻害剤sutimlimabが寒冷凝集…

    2021.06.14

  9. IL11は肝臓を守らずむしろ傷める~その阻害はアセトアミノフェン肝…

    2021.06.14

  10. Incyte社のアトピー性皮膚炎治療塗り薬ruxolitinibクリームもFDA審…

    2021.06.14

  1. バーテックス社、α1アンチトリプシン欠損症におけるVX-864の開発を…

    2021.06.11

  2. 抗アミロイドβ抗体ADUHELM承認の余波。門戸が大きく広がるのか?

    2021.06.10

  3. FDA、アルツハイマー治療薬 としてAduhelm(アデュカヌマブ)を迅速…

    2021.06.08

  4. ASCO2021;バーチャル年次総会開幕。注目のプレゼンテーション5つを…

    2021.06.08

  5. ノバルティス社、Beovuの後期第3総臨床試験を中止。患者への安全性…

    2021.06.01