世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年3月3日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • China Food and Drug Administration(CFDA):中国国家食品薬品監督管理総局
  • RSV:呼吸器多核体ウイルス
  • biosimilarity:薬理学的特性の一致

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

Hutchison China MediTech(Chi-Med)社とパートナーのイーライリリー社は進行・転移性結腸直腸がんに対するVEGFR阻害剤fruquintinibの第3相FRESCO試験において、主要評価項目である全生存期間(OS)を改善したと発表しました。
この結果を受けChi-Med社は、今年半ばに中国国家食品薬品監督管理総局(CFDA)へ販売承認申請を行う意向であることを明らかにしました。なお、同薬剤の非小細胞肺がんに対するピボタル試験も現在中国で進行中です。

アストラゼネカと/サノフィ社は乳幼児の呼吸器多核体ウイルス(RSV)感染症予防薬MEDI8897の開発における提携を発表しました。
これによりサノフィ社はアストラゼネカ社に1億2,000万ユーロの一時金と最大4億9,500万ユーロの開発段階および売り上げに応じたマイルストンを支払うことになります。

インドのデリー高等裁判所はバイオコン社とマイラン社のそれぞれのバイオシミラーについてロシュ社の乳がん治療薬「ハーセプチン」と薬理学的特性が一致するとし、両社のバイオシミラー版の販売を許可する判決を下しました。
インドの裁判所では先に、バイオコン社とマイラン社に対してロシュ社「ハーセプチン」のバイオシミラーの販売を許可しない判決が出されていました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up