世界の製薬業界の最新ニュースと解説

アストラゼネカ社/サノフィ社 呼吸器多核体ウイルス感染症予防薬開発で提携

アストラゼネカと/サノフィ社は乳幼児の呼吸器多核体ウイルス(RSV)感染症予防薬MEDI8897の開発における提携を発表しました。
これによりサノフィ社はアストラゼネカ社に1億2,000万ユーロの一時金と最大4億9,500万ユーロの開発段階および売り上げに応じたマイルストンを支払うことになります。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。