製薬業界の最新ニュースと解説

サリックス・ファーマ社の民事訴訟で、親会社バリアント社の5,400万ドルの和解金の支払いが決定

サリックス・ファーマ社が自社の薬を処方する見返りとして医師に報酬を支払っていた問題をめぐる民事訴訟で、親会社であるバリアント社が5,400万ドルの和解金を支払うことが決まりました。
サリックス社は医師に対して講演料の名目や処方箋発行の見返りとして、日常的にキックバック(リベート)を支払っていたことを認めました。