世界の製薬業界の最新ニュースと解説

FDA Lexicon社のXermeloをカルチノイド症候群による下痢の治療薬として承認

FDAはLexicon Pharmaceuticals社のXermeloをソマトスタチンアナログ療法との併用で、カルチノイド症候群による下痢の治療薬として承認したと発表しました。
FDAによると、Xermeloはトリプトファントビロキシラーゼ阻害剤で、カルチノイド腫瘍のセロトニン生成を阻害し、カルチノイド症候群による下痢の発生頻度を抑えるということです。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。