世界の製薬業界の最新ニュースと解説

一分でわかる製薬「時事英語」・2017年3月1日

今日のおさえたい製薬時事英語

  • joint session of Congress:アメリカ合衆国議会合同会議
  • carcinoid syndrome:カルチノイド症候群
  • production of serotonin:セロトニン生成

今日のNews Round-Up(日本語)はこちら

トランプ米大統領は2月28日に米議会合同会議で行った施政方針演説の中で、FDAの「遅く煩わしい」新薬承認制度の改革の必要性について言及しました。
トランプ米大統領は現行のFDA制度は「新しい治療薬がそれを必要としている人に届くのを阻んでいる」として、「こうした規制を撤廃すればさらに多くの奇跡を目の当たりにすることができるであろう」と述べました。

ノボノルディスク社は昨年9月に同社北米事業のヘッドに就任したJakob Riis氏の退任を発表しました。
これを受けデンマークのユスケ銀行のアナリストは「ノボノルディスク社の株主が信頼を寄せていたRiis氏の退任発表は、同社の株価にとってマイナスとなりうる」と述べました。

FDAはLexicon Pharmaceuticals社のXermeloをソマトスタチンアナログ療法との併用で、カルチノイド症候群による下痢の治療薬として承認したと発表しました。
FDAによると、Xermeloはトリプトファントビロキシラーゼ阻害剤で、カルチノイド腫瘍のセロトニン生成を阻害し、カルチノイド症候群による下痢の発生頻度を抑えるということです。

マイラン社のQ4決算は、売上高が前年同期比31%増の33億ドルと急伸し、アナリスト予想の32億ドルを上回りました。
一方利益も前年同期の1億9,460万ドルから4億1,750万ドルと大きく増加し、この決算発表を受けて同社株価は7%超上がりました。

セルジーン社とAgios Pharmaceuticals社はIDH2遺伝子変異を有する再発・難治性の急性骨髄性白血病(AML)治療薬enasidenibの承認申請をFDAが受理し、優先審査品に指定したと発表しました。
両社はまた、審査終了目標日が8月30日に設定されたことも明らかにしました。

出典:FirstWord Plus, FirstWord Pharma Daily Round-Up