世界の製薬業界の最新ニュースと解説

トランプ米大統領 施政方針演説でFDAの「遅く煩わしい」承認制度改革の意向示す

トランプ米大統領は2月28日に米議会合同会議で行った施政方針演説の中で、FDAの「遅く煩わしい」新薬承認制度の改革の必要性について言及しました。
トランプ米大統領は現行のFDA制度は「新しい治療薬がそれを必要としている人に届くのを阻んでいる」として、「こうした規制を撤廃すればさらに多くの奇跡を目の当たりにすることができるであろう」と述べました。

本記事は、「FirstWord Pharma」の記事をインサイト4が翻訳した一部です。Insights4プレミアムの「FirstWord Plusオプション」ご購入の方は、FirstWord Plus日本語タイトルと記事全文をご利用頂けます。